調剤薬局がお届けするドラッグストアと100円ショップの関係

100円ショップとはなんでしょうか?

近年のドラッグストアにおいては100円ショップを併設する店舗が増えてきました。ここでは100円ショップについて見ていきたいと思います。

 

100円ショップとは、原則として店内の商品は全て1点あたり100円で販売する小売店のことを指します。「100円均一」や「100均」と呼ばれることもあります。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

ほとんどの商品は100円ですが、一部商品は100円を超えるものもあります。また、100円ショップをうたいながら実際には105円(税込み)取る店舗の方が多いのが実情です。これは、2004年に施行された消費税の総額表示の義務化に関する法律が商品に総額表示がされていれば十分であり、100円ショップの名称までの変更義務を課していないからです。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

100円ショップで売っている商品は100円を超える価値のあるものばかりだと思っている方が多くいらっしゃるかと思います。しかし、色々なディスカウントストアを巡ってみると、100円ショップで売られている品物と同じものが80円とか90円とかで売られていることがしばしばあります。そのため、100円ショップではプライベートブランド商品中心の買い物にとどめ、ナショナルブランド商品についてはディスカウントストアと値段を比較しながら安い方で買い物をすることが賢明であるといえるでしょう。



薬剤師国家試験