調剤薬局がお届けする調剤薬局の戦略の違いとは?

調剤薬局とは

あなたが薬剤師に処方箋を渡すと、薬剤師によるヒアリング(過去の病歴や副作用等)が行われ、処方箋通りのお薬を出して良いかが判断されます。

 


OKならば調剤室でお薬が調剤されます。 調剤薬局に行く際はかかりつけの調剤薬局を決めておくことが大切です。

 


受診した医療機関の最寄りの調剤薬局以外でもお薬を受け取ることができるので心配は無用です。

 


薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

かかりつけの調剤薬局を決めておくと、調剤履歴がすぐに分かるので、他の医療機関から処方箋が発行された場合、現在服用中のお薬との飲み合わせの相性が容易に判断できます。

 

なお、薬局開設許可を取得していないドラッグストアが「薬局」を名乗ることは薬事法により禁止されています。よって、「薬局」が付いているドラッグストアに行けば問題ありません。

 

自分にあった薬剤師 転職を希望の方はこちら

がんばる薬剤師 募集の方を募集しています。