調剤薬局がお届けするドラッグストアの販売戦略

ドラッグストアの販売戦略

セルフサービス方式の場合、店員は営業マンのようにお客様1人1人に声をかけ、お客様のニーズをコンサルティングすることなど到底できません。



そのため、店員はお客さんに「この店に入ってみたい」「この陳列棚の商品を手に取ってみたい」と思わせるような営業手法が求められます。

 

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。


具体的には、店頭に半額未満の超格安商品をお客様が目を引くように積み置きしたします。




「店の中にも格安のものがある」と想像させるように仕向けたり、あるいはPOP広告にお客さんが是非欲しいと思うような説明文を載せたりすることによって、お客さんの財布のヒモを緩めていくのです。





調剤薬局