調剤薬局がお届けするドラッグストアの薬剤師

ドラッグストアの薬剤師について

ドラッグストアの業態の定義は、はっきりしていないようです。
一般的には医薬品を販売し、消耗品を中心とした生活雑貨も販売している店と理解されています。


しかし、調剤業務を行うドラッグストアや食料品を販売するドラッグストアがあるように、
店の特徴は千差万別であり、薬剤師に求められる役割も多岐にわたっているといえるでしょう。


薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。


2009 年からOTC(大衆薬)の販売が薬剤師以外の新資格者にも解禁されることが決まりました。




しかし、薬効に優れる薬は、従来通り薬剤師のみに販売が許可される見込みとなっているため、ドラッグストアにおける薬剤師の役割は従来よりも高くなることが予想されています。

 

神戸の質屋つじの質店。
山陽電車・地下鉄「板宿」駅より徒歩3分。



調剤薬局