調剤薬局がお届けするドラッグストアと処方箋について解説

処方箋とはなんでしょうか?その疑問にお答えします。

調剤薬局は処方箋を受け取った時に行く場所、ドラッグストアは処方箋の要らないお薬を買うための場所であると考えている人が非常に多いようです。しかしこれは間違いです。このような誤解が生まれたのは、医療機関の近くには必ずといって良いほど調剤薬局があり、処方箋を出した医師がそこへ行くように勧めているからかもしれません。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

実際、ドラッグストアの中には薬局開設の許可を受けて営業しているものが数多く見受けられます。この傾向は1990年代の医薬分業の徹底化により顕著になりました。ちなみに医薬分業とは、医師が患者の診察とお薬の処方指示行為を行い、それに基づいて薬剤師が処方行為を行うことを指します。そのため、近年では処方箋による調剤を受け付けてくれないドラッグストアの方が稀になってきています。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

調剤薬局があるドラッグストアは調剤室を有するなど、普通の調剤薬局と同様の設備を完備しています。また、ドラッグストアはたくさんのお客さんが訪れるため、そこで調剤してもらうのは恥ずかしいと思われている方も多くいらっしゃるようですが、ドラッグストアと入口を別にしたり、あるいはドラッグストアからは中を見えないような構造にするなど、患者さんのプライバシーに配慮した構造になっていることが多いです。



調剤薬局